大会趣旨

 私たちを取り巻く環境は、日々目まぐるしく変化しており、近年の新型コロナウイルス感染症の世界的な流行においては、従来の常識が通用しない環境に臨むことになった。このような予測困難な社会において、私たちPTAは今一度原点に立ち返り、親として、地域の一員としてのあるべき姿を再確認し、協調・連帯の構築・強化を主導し、地域社会と共有することが必要であると考える。
 教育の目的は、子どもたちの精神的かつ社会的な自立にあり、その目的を果たすためには、家庭・学校・地域の連携は不可欠である。先人たちが築いてきた「ジンブン(知恵)」を生かし、「ユイマール(相互補助・助け合い)」の精神で培った「チュラグクル(美しい心)」の下、「親として、大人として、何ができるか」を考え行動し、子どもに伝えることが肝要である。
 「結のこころ」には恕(じょ)・感謝・鵲瑞(じゃくずい)、三つのこころが込められており、「恕の心」が育つことで自分を大切にし、他人を思いやるこころが育ち、「感謝の心」へつながる。この二つの心を持てば、周りに対しこころから「ありがとう」といえる「鵲瑞(喜びの兆候)の心」が芽生え、自分自身も喜びあふれる生活が実現する。 本大会では、私たちPTA一人ひとりが結のこころで「何が出来るのか、何を成すべきか」考え、互いに語り合い、輪(和)をひろげ次世代へつなぐ未来へのリレーの場としたい。

 

研究主題

「恕(じょ)・感謝・鵲瑞(じゃくずい)の三つのこころで、豊かで活力ある未来の地域社会を創る子どもを育てるために、「PTAとして、大人として」の役割を考えましょう。

 

開催概要

主     催: 九州ブロックPTA協議会

主     管: 一般社団法人沖縄県PTA連合会

共     催: 沖縄市、名護市、豊見城市(予定)、うるま市、沖縄県教育委員会(予定)

          那覇市教育委員会、宜野湾市教育委員会

後      援: 文部科学省(予定)、公益社団法人PTA全国協議会(予定)、沖縄県(予定)、那覇市(予定)

       宜野湾市、沖縄県市長会、沖縄県町村会(予定)、沖縄県市町村教育委員会連合会(予定)

       沖縄県小学校長会、沖縄県中学校長会、沖縄市教育委員会、浦添市教育委員会

開    催    日: 令和4年(2022)12月17日(土)~18日(日)※12月16日(金) 運営打合せ会・レセプション

会      場:  【分科会】  県内6会場 【全体会】沖縄アリーナ

プログラム: 準備中

参    加    費: 5,000円(弁当代は含まない)

参 加  登 録: 7月初旬ご案内予定

輸送・宿泊: 7月初旬ご案内予定

大 会  P R: 第1次案内.pdf